ブラ!ブラ!ブラ!胸いっぱいの愛を

青いブラをめぐり走り出す、
全編セリフなしの極上ファンタスティック・ロードムービー

2020.1.18(sat) 新宿K’s cinema 全国順次公開

胸いっぱいの愛を 胸いっぱいの愛を 受賞一覧

introduction INFORMATION

世界各国の美女が総出演!全編セリフなし、極上ファンタスティックロードムービー!

広大な草原を走る貨物列車の鉄道運転士ヌルラン。定年退職を控える彼の列車は、線路上にテーブルを置いてお茶を飲む男性たち、洗濯物を干す女性たちが日常をすごす住宅街も通り抜ける。
ついに最後の日。運転を終えると、列車に美しく青いブラジャーが引っかかっていた。「このブラは誰のもの?」 持ち主を探す日々がはじまるが…。
監督は、現代おとぎ話の語り部、ファイト・ヘルマー(『ツバル TSUVALU』『世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方』)。
ロケ地アゼルバイジャンの山あいに実在した街をモデルに、青いブラジャーをめぐる大人のファンタジーと冒険を、全編セリフを排しながらも雄弁なハートフルコメディに仕上げた。
主演は、カンヌ国際映画祭パルムドール受賞『アンダーグラウンド』の主演など、エミール・クストリッツァ監督の常連ミキ・マノイロヴィッチ。
見習機関士役に、『ポンヌフの恋人』などレオス・カラックス監督常連のドニ・ラヴァン。ヌルランが出会う美女たちにパス・ヴェガ(『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』)、チュルパン・ハマートヴァ(『グッバイ!レーニン』)、マヤ・モルゲンステルン(『パッション』)、など国境を越えた多彩な女優陣が出演。

第31回東京国際映画祭コンペティション部門(『ブラ物語』)で話題となり、世界各国の映画祭にて5冠に輝いた話題作がいよいよ日本公開!

ディレクター

監督画像

監督:ファイト・ヘルマー

1968年生まれのドイツ人。14歳で初メガホンを取る。舞台演出を学ぶため、ベルリンの壁崩壊前に西ドイツへ移住。1991年よりミュンヘンの映像学校で学び始める。短編作品で数々の賞を受賞したのち、『ツバル』で1999年長編デビュー。60以上の映画祭で上映され、16もの賞に輝く。
続き2003年にミキ・マノイロヴィッチも出演している『ゲート・トゥ・ヘヴン』、2005年に初ドキュメンタリー作品『BEHIND THE COUCH』を手掛け、三作目となる長編映画『ABSURDISTAN』はサンダンス映画祭でプレミア上映された後、各国の映画祭で数々の栄冠に輝いた。
2014年の『世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方』は100近い映画祭で上映され21の賞を受賞、日本でも全国公開された。
彼の作品群の総受賞歴は180以上となる。

監督からのメッセージ

2018年の東京国際映画祭での盛況を経て、本作が劇場公開されることを大変に嬉しく感激してます。
日本の映画ファンの皆さん、私と一緒に夢の世界へ旅に出ましょう!

キャスト

ミキ・マノイロヴィッチ(鉄道運転士ヌルラン)

1950年、旧ユーゴスラヴィア・ベオグラード生まれ。舞台俳優一家に育ち、幼い時から国内で国民的俳優として活躍。数々のテレビ番組や映画に出演し、85年エミール・クストリッツァ監督作『パパは、出張中!』で世界的に有名になる。本作はカンヌ映画祭で最高賞パルム・ドール、FIPRESCI賞受賞、米アカデミー賞外国映画賞ノミネート。
クストリッツァ監督作にはその後も度々出演し、95年『アンダーグラウンド』に主演、カンヌ映画祭パルム・ドールに輝く。『黒猫・白猫』『ウエディングベルを鳴らせ!』、99年フランソワ・オゾン監督『クリミナル・ラヴァーズ』、2001年『青い夢の女』、2007年『やわらかい手』など多数出演。87年ピーター・ブルック演出の舞台『マハーバーラタ』など、舞台俳優としても活躍。2009年には政府からセルビア・フィルムセンター所長に任命されている。

ドニ・ラヴァン(ヌルラン徒弟の運転見習い)

1961年、フランス生まれ。路上公演を経て舞台演出家ジャックス・ラッサールに師事。80年代から映画に出演、84年『ボーイ・ミーツ・ガール』を皮切りにレオス・カラックス作品の常連となる。アレックス三部作の三作目、91年の『ポンヌフの恋人』ではジュリエット・ビノシュと共演。99年、ファイト・ヘルマー監督作『ツバル TUVALU』で主演、本作は日本でも公開され話題となった。2004年『ロング・エンゲージメント』でオドレイ・トトゥやジョディ―・フォスターらと共演。その後も『ミスター・ロンリー』『TOKYO』など数々の映画に出演し、12年カラックス監督作『ホーリー・モーターズ』は各国で総計25賞に輝き、ドニ自身も4つの最優秀主演男優賞を獲得した。本作で『ツバル TSUVALU』で共演したチュルパン・ハマートヴァと久々の共演となる。

チュルパン・ハマートヴァ(ポイント・スウィッチャー)

1975年、ロシア生まれ。カザフスタンの経済学校を辞め演劇学校に入り、その後モスクワの名門校、ロシア舞台芸術アカデミーに入学。98年にスクリーンデビュー、翌年の『ルナ・パパ』は日本をはじめ各国で公開された。同年ファイト・ヘルマー監督作『ツバル TSUVALU』でドニ・ラヴァンと共演、ナント三大陸映画祭で主演女優賞を獲得した。2003年『グッバイ!レーニン』は仏セザール賞、ベルリン国際映画祭最優秀ヨーロッパ映画賞をはじめさまざまな映画賞に輝き、本国ドイツで歴代の興行記録を塗り替える大ヒットを記録した。その後も様々な映画やテレビ番組に出演、活躍を続けている。

マヤ・モルゲンステルン(詐欺師)

1962年、ルーマニア生まれ。「ルーマニアの演劇・映画の象徴」と呼ばれる国民的女優で、2012年より国立ユダヤ劇場のディレクターを務めている。80年代より国内の映画に数多く出演、93年に『Balanta』でヨーロッパ映画賞を受賞。1994年『ノストラダムス』、1995年テオ・アンゲロプロス監督『ユリシーズの瞳』など数々の国内外の映画に出演。2004年に日本公開されたメル・ギブソン監督作『パッション』でイエスの母マリアを演じ話題となった。

フランキー・ウォラック(ダンサー)

1994年、フランス生まれ。12歳の時から演技をはじめ、数多くの映画やテレビ番組に出演。2007年、サンドリーヌ・ボネール主演『Kid Power』に出演。現在はパリに在住し、舞台女優としても精力的に活動。シャイヨー国立劇場の舞台にも立っている。

パス・ヴェガ(忘れっぽい女性)

1976年、スペイン生まれ。アンダルシア地方で演技を学んだ後マドリードに移り、90年代のテレビドラマに出演し高い評価を得る。2001年、映画『ルシアとSEX』に出演しゴヤ賞の新人女優賞を受賞。同年ペドロ・アルモドバル監督作『トーク・トゥ・ハー』出演。2004年から米国映画界に進出、『スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと』で数々の賞を受賞、2008年には『ザ・スピリット』でサミュエル・L・ジャクソン、スカーレット・ヨハンソンと共演。現在はLAとマドリード、セルビアを行き来して生活している。2014年のカンヌ映画祭のオープニング作品となったニコール・キッドマン主演『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』にマリア・カラス役で出演。2019年、ランボー最新作『ランボー5:ラスト・ブラッド』に出演。

キャスト

ミキ・マノイロヴィッチ(旧ユーゴスラヴィア<現セルビア共和国>)
ドニ・ラヴァン(フランス)
チュルパン・ハマートヴァ(ロシア)
イスマイル・クルザデ(フランス)
マヤ・モルゲンステルン(ルーマニア)
パス・ヴェガ(スペイン)
フランキー・ウォラック(フランス)
ボリアナ・マノイロワ(ブルガリア)
サヨラ・サファーロワ(ドイツ)
マナル・イッサ(フランス)
イルメナ・チチコヴァ(ブルガリア)
ラ・シュリアシュビリ(グルジア)

スタッフ

監督:ファイト・ヘルマー
脚本:レオニー・ガイシンガー、ファイト・ヘルマー
音楽:ジュリアン・クロップ、ロバート・イェーガー

Theater

関東

東京 新宿K’s cinema 2020/1/18(土)~2/21(金) http://www.ks-cinema.com/
栃木 宇都宮ヒカリ座 調整中 http://hikariza.news.coocan.jp/

近畿

京都 出町座 2020/3/13(金)~ https://demachiza.com/

北陸

富山 ほとり座 2020/2/29(土)~3/6(金) https://hotori.jp/